アーケードゲームベスト10

万人向けではないゲームランキング

古いフォルダを整理していたら、十数年前に作ってた個人サイトのデータが見つかりました。せっかくなので、今回はその中から「アーケードゲームベスト」を再掲載してみました。

どうやら1999年頃の記事のようです

何度かリニューアルでファイルを更新したはずなのですが、おそらく1999年頃に書かれたランキングで、それ以降はゲームセンターでアーケードゲームを遊ぶということをしていないので、基本的にはランキングは今も変わっていません。

以下、当時のままの文章(全角を半角に変えたりはしましたが)で掲載。

アーケードゲームベスト10

第10位 テディ・ボーイ・ブルース(セガ)

石野陽子のデビュー曲とタイアップして作られた。今では考えられないようなアクションゲーム。BGMはもちろん同名の曲である。今考えるとちっとも面白いゲームではなかったが、結構はまった。しかし、このゲームがきっかけで趣味が悪いといわれ始めた。

第9位 スパルタンX(アイレム)

おなじみジャッキー・チェンの映画をゲーム化したもの。横スクロールの古典的な格闘アクションであった。焼き直しとおもえるようなゲームがいろいろ出てきたので、かなり影響を与えたのであろう。MSX版では版権の関係からか「聖拳アチョー」という歴史に残る恥ずかしい名前でアスキーから発売された。

第8位 ムーンクレスタ(日本物産)

固定画面型のシューティング。3号機まであって、途中のステージで合体に成功するとパワーアップした。何回死んでもよみがえるゲームが多い中、合体後やられるとそれで3機ともやられるという設定がシビアで面白かった。よくできたゲームであったと思う。

第7位 クレイジークライマー(日本物産)

日物のゲームが二本つづいた。2本レバーを駆使して、植木鉢や鉄骨などが落ちてくるビルに上っていく。途中風船に捕まれば少しだけ上に連れていってくれたりするが、そのときのBGM「ドラエもん」は現在であれば、JASRACに捕まるものであろう。われわれが黙っていても、小林亜星は黙っていない。

第6位 スカイキッド(ナムコ)

横スクロール型のシューティングゲーム。隠しフィーチャーが多く、ファミコンではやった隠れキャラブームに乗った作品であるが、ナムコらしい作りのゲームであった。爆発的なヒットではなかったように思うが、秀作である。PSでプレイしてほしい1本だ。

第5位 メトロクロス(ナムコ)

横スクロールアクションゲーム。いってしまえばゴールまで走るだけのゲーム。何らかの設定があるのだろうが、そんな物はてんで伺えない。ただ、そのもくもくと走る姿に日本人の勤勉さと、サラリーマンの悲哀に似た者を感じたのはわたしだけであろうか?

第4位 アッポー(セガ)

古典的なタイプのプロレスゲームであったが、イノケやバブなどのキャラが存在しており、得意技という概念を持った初めてのプロレスゲームであったと記憶している。アッポーというタイトルは秀逸で、本物の馬場はすでにレスラーとして下り坂であったが、ゲーム内での必殺技は非常に強力であった。作者の馬場に対する愛情を感じたゲームであった。

第3位 ちゃっくんぽっぷ(タイトー)

後のタイトーのゲームに多大な影響を与えた作品。爆弾を使うちゃっくんがゴールを目指すという、ただそれだけのゲームであったが売れなかった。いかに影響を与えたかは、10年以上たった今、敵キャラであった「もんすた」がパズルボブルなどに出てくることからも明らかだ。よほどの自信作だったのだろう。わたしは面白いと思ったのだが。

第2位 リブルラブル(ナムコ)

二本のレバーを使い、リブルとラブルを別々に操り、敵を囲めばいいというゲーム。囲んだ部分に宝箱が隠されていたりという、ちょっと気の利いた演出がよかった。グラフィックも当時では最も美しい部類に入ると思う。ナムコ全盛時の記憶にとどめたいすばらしい作品であった。

第1位 ゼビウス(ナムコ)

いわずと知れたゲーム界の金字塔。あまりの人気にコピー版(ゼビオスとかバトルズ)などが出回った。ゲーム界に始めてストーリー性を持ち込んだ作品であり、それが元でゲームセンターあらしの連載も終了した。理由はストーリーがしっかりしていると、漫画の入る余地がなくなったということであるが、これを境に大きくゲーム界も変わっていくことになったし、ゲームセンターあらしも終了を余儀なくされた(はず)。


プロフィール

フォルトゥナ 代表 sakamoto

大阪でフォルトゥナの屋号でウェブサイトの制作やコンサルティングを行っている坂本邦夫のブログですが、こちらでは仕事の話を書かずに趣味や普段の生活のことを書いていきたいと思っています。

このカテゴリーの最近の記事

カテゴリーの一覧