ケンドー・カシンの本がめちゃくちゃおもしろい

さいとうサポートの斎藤美佳子さんの「ケンドー・カシン『フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで』が細かすぎてプオタ以外に伝わらないのだが、面白すぎるのでみんな読んで!」というむやみにタイトルが長い記事を読んだら、どうしてもポチらずにおけなかったので読んでみました。

ケンドー・カシンのインタビューを自伝的に並べた本ですが、このインタビュアー(誰なんだろう?)が結構ツッコんだことを聞いていて非常にカシンらしい本に仕上がっています。

詳細がこの斎藤さんの記事がものすごく詳細なので、私が解説を加えるような部分もないため、単なる感想になりますが、変人とか異端児とかじょっぱりとか言われていたカシンが、こういう人であったのかとすごく納得しながら読めました。「フツーのプロレスラー」というタイトルがそもそもおかしいですけど。

きっと最近の新日ファンとかにはまったくわからないと思いますが、舞台裏までプロレスを楽しめる人なら誰が読んでもおもしろい本でしょう。

特に以下のキーワードに反応できる方におすすめしたいと思います。

  • ベルト返還訴訟
  • 安田忠夫
  • 武藤久恵
  • 大仁田厚
  • 永田裕志
  • 中西学
  • アントニオ猪木
  • サイモン・ワタナベ

カシンおもしろいなぁと思うと同時に、アントニオ猪木と大仁田厚のすごさをあらためて実感しました。


プロフィール

フォルトゥナ 代表 sakamoto

大阪でフォルトゥナの屋号でウェブサイトの制作やコンサルティングを行っている坂本邦夫のブログですが、こちらでは仕事の話を書かずに趣味や普段の生活のことを書いていきたいと思っています。

このカテゴリーの最近の記事

カテゴリーの一覧