PC

プロバイダをZOOT NATIVEに変えたら、回線速度が改善された

ネット回線が遅いと仕事にも影響でるのですが、動画がカクカクするとか、ゲームが動かないとかいろんな不満が出てきます。

今回、プロバイダを変えたら速くなりましたので、経緯などをまとめてみました。ZOOT以外にもいろんなサービスがありますが、あまり通信インフラについては詳しくないので、他との比較とかではなく個人的な感想です。

混雑時間は2~5Mbpsくらいしか出なかった悲しい回線状況

うちはマンションで、「フレッツ 光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼」というプランで、フレッツ光史上最高スペックらしいのですが、ちっとも速くありません。

元からそんなに速くなかったわけですが、隼に変えたのにちっとも隼感もなく、最近は特に遅くなっていて、23時頃の混雑時間帯だと、2~5Mbpsくらいしか速度が出ず、下手をすれば1Mbpsを切るという、ADSLもびっくりの状態でした。

それは回線のせいでなく、プロバイダが悪いんじゃないの?という方もいると思いますが、それは薄々感じていました。きっと18年使っているso-netの問題だろうと。

ポストペット時代からなので、20世紀から使っていることになるはずです。

固定IPが必要になったタイミングでZOOT NEXTに変えました

仕事の都合上、固定IPというのが1つ必要になりました。知らない人にはどうでもいいことかと思いますが、そういうネットのサービスがあると思ってください。

それを簡単に手に入れるのはどうすればいいのだろうと調べたところ、インターリンクというプロバイダのZOOT NEXTというサービスを使えば、固定IPでネット接続ができることがわかりました。

そこでさらっとSo-netからZOOT NEXTに乗り換えます。今までSo-netに毎月972円払っていたのですが、ZOOT NEXTだと固定IP+接続料で1,296円です。300円で固定IPが使えるなら安いものです。

これできっと速くなるはずだと思ったのですが、たいして変わりません。やっぱり回線の問題なのかなとも思いましたが、いろいろ調べてみるとIPv6(通信方式)でつなぐと速いというような話がありました。

ZOOT NEXTとPR-○○○xxというルーターの組み合わせではIPv6接続できない

あらためて調べてみると、ZOOT NEXTではIPv6 PPPoEという方式で接続することができるのですが、サイトにこのように書かれています。

NTT西日本・東日本から貸与されるひかり電話ルーター・ホームゲートウェイ(PR-400NI、PR-400KI、PR-500MIなど)は、IPv6の接続設定で任意のユーザー名を指定する事ができず、ユーザー名の末尾に「.hgw6」が強制付与されるため接続できません。 

https://faq.interlink.or.jp/faq2/View/wcDisplayContent.aspx?id=1159

うちにあるのはPR-400NEという機種で、まさにこれに該当するようです。

つまりこのままではIPv6接続できないわけです。

同じインターリンクのZOOT NATIVEというサービスとの併用でIPv6接続が可能に

そこでもう少し調べると、同じインターリンクのZOOT NATIVEというサービスがIPv6 IPoEという接続方法が使えて、先に契約していたZOOT NEXTと併用もできることがわかりました。

料金は月額2,160円と少し上がり、かつDS-Lite(ゲーム機とは違う)対応のルーターが必要とのことです。

月額料金アップとルーター購入を迫られたわけです。ただし、このZOOT NATIVEというサービスは2か月間無料で、その間は解約しても違約金はかかりません。

なので、対応したルーターだけ用意できれば、IPv6 IPoEを試すことができるわけですね。

アイオーデータのWN-AX1167GRという無線ルーターが安かった

これもDS-Lite対応でルーターを探したところ、何機種か出てきましたが、アイオーデータのWN-AX1167GRという機種が5,000円程度で買えることがわかりました。

元々使っていた無線ルーターに不満があったわけではないですが、もう5年以上も前のものだし、そろそろ買い替えてもいいタイミングではあります。もし速くならなくても5,000円なら無線LANルーターだけグレードアップしたつもりで、ZOOT NATIVEをそのまま解約すれば、たいして痛くもないですし。

ZOOT NATIVEでめっちゃ速くなりました

先にも書いた通り、だいたい2~10Mbpsくらいの速度だったのが、一番低いときで40Mbps、一番速いときで300Mbpsくらいの速度が出るようになりました。

なんでもっと早くやらなかったんだろう・・・。

DS-Lite対応のルーターがあれば、ZOOT NATIVEならすぐに無料で2か月間試せますし、まあルーターを買ったとしても、5,000円で済むので、フレッツ光の回線が遅くて困っている人は試してみるといいのではないでしょうか?

個人的には超絶おすすめですが、前提として以下のようなものが必要です。

  1. フレッツ光ネクストかフレッツ 光ライトの回線
  2. フレッツ・V6オプションの契約(ZOOT NATIVEの申し込み時に同時に申し込める)
  3. DS-Lite対応ルーター

接続はこのような感じに。


接続のイメージ。NTTから貸与されたPR-NE400とDS-Lite対応無線ルーターを接続し、そこからパソコンに有線接続する。スマートフォンとタブレットは無線接続で。ZOOT NEXTの固定IP利用時はLANケーブルを差し替える

他に選択肢はなかったのか? いや、いっぱいありますよ


スピードテストの結果。0時過ぎに233Mbpsほどの速度が出た

きっと世の中にはもっと安くて速いプロバイダがありますし、ルーターだってもっと速くていいのがあると思うんですけど、細かいことはどうだっていいんです。

元が遅すぎたので、動画が落ちないだけで快適ですし、PS4のネットワークエラーもほとんど見なくて済むんです。ZOOT NEXTは既に使っていたので、それに合わせるのが楽でよかったんです。

実はドコモ光に回線ごと変えようかと思って、家電量販店まで話を聞きに行ったのですが、ドコモ光のお兄さんが力強く言ってました。

「速さはほとんどプロバイダで決まります」

「なるほど、じゃあ回線の前にプロバイダを変えよう」と思ったわけです。So-netの重さには懲りていたので、ここはもう少しマイナーなところにしておこう(インターリンクがマイナーだとは思わないけど)という感じで決めました。

とりあえず納得のいくスピードが出ていますし、これ以上悩むのもめんどくさいので、また動画がコマ落ちするまではこのままでいこうと思います。

今思い返しても、お兄さんの一言がなかったら、先に回線を変える方に進んでいたかもしれません。

本当にありがとう! もうしばらくフレッツでいきます!

ZOOT NATIVEと安いルーターで快適に!


PC

【2017年4月3日追記】Lenovoの11.6型ノートパソコンYOGA 710を買った

追記のベンチマークは記事の一番最後です。

2011年のMacbook Airと比べますよ

以前使っていたタブレットPCが壊れた(壊れる前から使い物にならなかった)ので、いろいろ悩んだ末、LenovoのYOGA 710という機種を買いましたので簡単なレポートを。

もちろんスペックなんて高いに越したことはないんですが、今までと比べて不便でないということで、2011年に出たMacbook Air(Core i7、メモリ4GB)との比較で書いていきたいと思います。

一応スペックはこんな感じ。

Lenovo YOGA 71080V6000XJPApple MacBook Air(2011)
CPUCore i5 7Y54/1.2GHz/2コア
(Passmark 3174)
Core i7 2677M/1.8GHz/2コア
(Passmark 2818 推定)
メモリ8GB4GB
ストレージSSD256GB( M.2)SSD128GB(SATA)
ディスプレイ11.6インチ/1920x108011.6インチ/1366x768
重量1.04kg1.08kg

速度は特に不満ありません

きっともうショップとかでは買えないようになっているはずですが・・・。

CPUのCore i5-7Y54ということでやや非力な感じもしますが、文章を書いたりちょっとしたコーディングができればよい感じなので、それほどパワーもいらないですし、実際にいろんなソフトをインストールして動かしてみたのですが、CPUの分をPCIe接続のSSDがカバーしている感じで、特に不満は感じません。

まあメモリが8GBになっていることもあると思います。

画面について

幅はMacbook Airに比べると2cmほど幅が狭くなっていて、画面は同サイズの11.6インチです。解像度はフルHDなので、1920x1080ピクセルなので、Windowsの初期設定では150%の表示率になっていました。

これだとやや狭い感じがしたので、125%に設定して、アイコンなどのサイズを変えることでちょうどよくなりました。

こういう場合には13インチの方がいいのですが、できるだけ小さくて軽量なもので、前の10.1インチよりは大きいものを探していたので、解像度については不満はありません。

ちなみに重量はカタログ上ではMacbook Airに比べて40g軽くなったことになっています。

入出力について


世の中はこれからUSB Type-Cが主流になっていくのでしょうが、このマシンには1つも付いていません。USBポートは3.0のものが1つだけです。ですが今まで複数のUSBを刺して使ったことがないので、特に困らないと思います。

ついでにいうとSDカードのスロットもないのですが、これもMacbook Airにもなかったので気になりません。

外部ディスプレイにはMicro HDMIを使います。これは前に使っていたアダプターがそのまま使えて、通常サイズのHDMIも15ピンのVGAも問題ない感じです。

ただUSBポートとMicro HDMIが隣接しているので、アダプターの形状次第では干渉します。

電源周り

電源はピンタイプのDC-INということで、今まで使っていたMag Safeに比べると天と地ほどの差がありますが、今までよりもバッテリーの持ちは良さそうな感じはしますので、電源をつないだり外したりという機会は減りそうです。

電源アダプターも今までよりも軽くなりました。Appleのが200gなのですが、今回のは153gだそうです。これはかなりありがたいです。


YOGA 710の電源PIN周辺

ディスプレイとサウンドについて

これはフルHDとは言うものの、タッチパネルにもなる光沢タイプで、あまり繊細なグラフィックを扱うのには向いていないと思います。ただテキストを扱ったり、ちょっとした動画を見たりするくらいだとあまり気にならないでしょう。

スピーカーは悪くありません。もちろんノートパソコンとしてはというくらいの注釈が付きますが。

このマシンにそんなサウンド性能を求める人はいないとは思いますが、ヘッドフォンをおすすめします。ヘッドフォンでイギー・ポップを聴いてたらテンション上がってきました。

大事な大事なキーボードとタッチパッド

キーボードについては、やはり横幅が狭い分、ピッチが狭めです。加えてストロークも浅めですが、どちらも慣れの範囲かと思います。この文章を打っていると、だんだん気にならなくなってきました。

ただタッチパッドはやはりMacの方がいいです。Windowsがだめというよりもメーカーごとに癖があるのと、自分が最適な設定をまだ見つけられていないのだと思います。広めで使い勝手そのものは悪くなさそうなので、これも慣れの範囲ではないでしょうか。

1日でなんとかなる慣れと1週間必要な慣れがあると思いますが、どちらかというと後者だと思います。

あ、金額書いてなかった。Lenovoのショップは常に割引が付いてるので、定価で買うことはありえないのですが、私の購入時は本体だけで97,265円(税込)で10万円を切っていました。

動画のエンコードや大きな写真の加工などの重作業をさせるのであれば、ノート向けのCPUだとi5-7200とかi7-7500辺りが必須になってくるでしょうが、通常のオフィスやテキストエディタ、PDFの閲覧などi5-7Y54で十分な感じがします。

まあCPUの性能向上が頭打ちになってきている感じがするので、このクラスの製品はメモリとSSDが一番大事な気がします。

どんなパソコンを買おうと悩んでいる初心者の方がいれば、少し高かろうともSSDと8GBのメモリにしましょうね。きっと幸せにはなれないまでも、不幸にはならないはずです。

普通のタブレットではちょっと頼りないけど、ミドルクラスの15万円はちょっと高いし、その間でなんとかというのであれば、タッチパネル付きで10万円を切ると思えば、なかなかいいバランスの機種だと思います。

と言うことで、なんとか環境が整いましたので、また今日からがんばって働きます(業務連絡)。

おまけ

また何の基準にもならないとは思いますが、大航海時代オンラインのベンチマーク(Windows10は対応OSに入っていないけど動いた)を動かしてみると、選択できた最高サイズの1152x864ピクセル、最高画質設定で700強のスコアが出ました。300以上が快適らしいので、クラシックな3Dゲームはこのクラスでも全然動くみたいです。

ファイルもでかくてめんどくさくなったので3D Markはやりませんのでご了承ください。100人くらいいいね!してくれたら考えますが・・・。

トータルで言うといい買い物の気がします

前のがあまりにも失敗だったこともありますが、この金額でこのスペックであれば、外での作業をあまりしない私としては、YOGA 710は非常にバランスのよいマシンだと思います。コンパクトで持ち運びやすいですしね。

もし同じくらいの重量で、あと数万円は出せて、大きめのカバンを持ち歩くという方なら、14インチのX1 Carbon辺りがおすすめになるかと思います。重くなりますけど、重量は100数十グラムしか変わりませんし、高解像度のモニタはやはり魅力です。何よりもテキストメインの人だとキーボードのサイズに余裕が出て、文章を打ちやすいと思いますよ。


いろいろありましたが、全体的にはコストパフォーマンスの高いPCを作る会社になっているようなので、他にもいろいろいいマシンが見つかりそうですね。


【追記】Passmark CPUとCrystal Disk Markでベンチマークをしてみました。

購入後かなり経っているので。ソフトもいろいろ入ったりはしていますは、思い立ったのでベンチマークを取りました。


Passmark CPUの結果

Crystal Disk Markの結果

だいたい想像していた数字なので、特に問題もありません。 起動直後に複数のクラウドストレージ(DropboxとかGoogle Drive)の同期なんかをしていると、多少遅いかなと思うときもありますが、それ以外は割と軽いです。

Ofiiceやインターネットメインの軽~中作業であれば、10万円を切る機種としては十分な働きだと思います。

最初に感じたキーボードの違和感もデスクトップ用の大きなキーボードとは比べられませんが、これは新しいATOKの誤変換推測でだいたいカバーできている感じです。もちろん慣れもあります。

予算15万円なら別の機種をおすすめしますが、USB-Cがなくてもよくて、10万円以下ということなら、十分戦力になるパソコンだと思いました。

でも同じ重量で13インチで同じ値段ならそちらを買うと思います。最近老眼がきついので。



PC

山三ビルとパソコン倶楽部の思い出

パソコンソフトのレンタルって覚えてますか?

買い物途中に通りかかったら、布施(河内永和と中間くらいだけど・・・)の山三ビルの解体をしてました。ここは昔、パソコンソフトのレンタルショップ「パソコン倶楽部」が入っていたビルです。と言っても、若い人はパソコンソフトのレンタルなんて意味がわからないと思いますが。


解体中の山三ビルの写真

プロフィール

フォルトゥナ 代表 坂本邦夫

大阪でフォルトゥナの屋号でウェブサイトの制作やコンサルティングを行っている坂本邦夫のブログですが、こちらでは仕事の話を書かずに趣味や普段の生活のことを書いていきたいと思っています。

このカテゴリーの最近の記事

カテゴリーの一覧